内藤大助 Daisuke Naito ボクシング

PROFILE

内藤大助 Daisuke Naito ボクシング

生年月日 1974年8月30日
身長 164cm
所属 宮田ジム
階級 フライ級
入場曲 Romanticが止まらない

02年4月にはWBC世界フライ級王者ポンサクレック(タイ)に挑んだが日本人世界戦最短の1R34秒KO負け。
04年6月に中野博(畑中)を下して日本王座を獲得した。
05年10月にポンサクレックに再挑戦も7回負傷判定負けしたが、翌06年6月には小松則幸(エディタウンゼント)を破って東洋太平洋&日本の2冠を獲得した。
07年7月、3度目の挑戦でポンサクレックを倒して世界王座を獲得。
07年10月、初防衛戦では亀田大毅を倒し“因縁の対決”と呼ばれ一躍時の人となる。
ニックネーム“最短男”としてファンに親しまれ、現在も人気は衰える事を知らない。
164センチのトリッキーな右ファイター。

戦績

主要タイトル第36代WBC世界フライ級チャンピオン
戦績42戦36勝3敗3分(23KO)
1996年西野龍三
1997年押金励
関裕介
榎本信行
1998年安斉治明
佐藤崇
伊藤克憲
久保田隆治
佐藤宏章
福山登
1999年ジュン・オルハリーサ
・マンチャ
李明星
田中潤
2000年伊波秀吉
ヨドペット・チュワタナ
サックモンコン・シンマナサック
池田政光
2001年殿台カローラ
坂田健史
ウィン・ネイションマン
2002年ポンサクレック・シンワンチャー
タオチャイ・ソーソーゴージム
菊井徹平
2003年マノップ・シットゴーソン
ソントーン・チタラダ
2004年瓜生崇大
中野博
小島武幸
2005年榎本信行
ポンサクレック・ウォンジョンカム
2006年中広大悟
小松則幸
吉山博司
2007年ポンサクレック・ウォンジョンカム
亀田大毅
2008年-ポンサクレック・ウォンジョンカム
清水智信
山口真吾
2009年熊朝忠(ユウ・チョウチュウ)
亀田興毅
2010年リエンペット・ソー・ウィラポン

LINK

内藤大助オフィシャルブログ「最短男の最短日記」Powered by Ameba内藤大助オフィシャルブログ「最短男の最短日記

第36代WBC世界フライ級王者 『内藤大助』 オフィシャルサイト - National Hero - OFFICAL WEBSITE

BIOGRAPHY

出演情報

内藤大助オフィシャルサイト『National Hero』メディア情報

Blog link

PAGE TOP